赤ちゃん 便秘解消法

お腹にまつわる病気記事一覧

潰瘍性大腸炎主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患。厚生労働省より特定疾患に指定されています。10〜30歳ないし、50〜60歳台に多く見られ、米国での罹患数は約100万人、日本での発症年齢の多い年齢層は男性で20〜24歳、女性では25〜29歳とされているが40歳代から60歳代の発症例も増えています。平成21年度の患者数は約11万人とされ、毎年5000人程度増加している[1]...